傷害の警察・検察の取調べ等の内容

警察・検察は、被害者から
    1 暴行、傷害を受けるに至った原因、経緯
    2 けがの部位、程度
    3 けがの状況
    4 被害感情、処罰意志、示談成立の有無、示談が成立している場合はその経緯、内容について
聞くことになります。

1については、傷害の場合、その場で見ず知らずの人が理由もなくいきなり殴りつけるということは、精神的に問題が ある場合を除いて考えられず、酔っぱらってたとしても、何らかの経緯があるのが通常です。

そこで、暴行・傷害を受けるに至った原因等、特に、被害者にも落度があったかどうか、被害者側も暴力を振るっていた ときは、どちらが先に手を出したかなどを聞くことになります。

また、被疑者が酔っぱらっていた場合は、被害者が認識している被疑者の酔いの程度も聞くことになります。

2については、手段、方法、凶器の試用の有無等を含め、身体のどこにどのような傷害を負ったかを聞くことになります。

また、医師の診断書を取得し、傷害の程度について写真を撮り証拠化しておくこともあります。

3については、傷害が治るまでに実際に通院、入院した日数、痛みがなくなるまでにかかった日数、 費用について聞き取ることになります。

被疑者からも、ほぼ同じ内容を聞き取ることになりますが、とくに、暴行の態様が具体的に聞かれます。

犯行前にお酒を飲んでいる場合は、責任能力を争われないよう、日頃の酒の量、犯行当時の酒の量(種類、量、時間、 食事の有無など)、酔いの程度が聞かれます。

また、酒を飲んだ場所も聞かれ、その裏付けのため、そのお店にも聞かれることがあります。

参考 立花書房 「捜査書類全集 第4巻 取調べ」等参照

傷害罪における弁護士の活動

弁護士が、依頼者(被疑者・被告人)から聞き取る内容は、基本的に、前記の捜査機関の聞き取る内容と同様です。

ただし、弁護士の場合、直接被害者から聞き取ることはできませんので、まずは、依頼者(被疑者・被告人)の方から 聞き取ることになります。

特に重点をおいて具体的に聞き取らなければならないのは、やはり、暴行、傷害を受けるに至った原因、経緯及び 具体的な暴行の態様です。

傷害罪で、無罪が主張されるケースとしては、暴行等を加えていない、犯人ではないとの主張を行うケースは少なく、 やはり、依頼者側も攻撃しているが、相手方が先に攻撃してきた正当防衛だとのケースなどが多くなります。

この場合、その暴行を加えるまでの経過、態様が重要となることは明らかです。

また、傷害罪自体を認めているケースであっても、どのような動機で、どのような危険性のある行為で、暴行を加えたか は、被害者にどのように接触するか、あるいは、示談金額がいくらかぐらいが妥当かを判断する上で重要です。

頭への打撲で、怪我の程度がおなじであったとしても、普通の人が手で殴ったのか、あるいは、コンクリートの床上で 足で踏みつけたのかは危険性の点で大きく違い、検察官の依頼者に対する処分の程度(不起訴か、略式請求か、公判請求 か)に大きく影響することになります。

また、凶器を使った場合は、危険性の程度が大きくなり、処分、裁判における量刑に大きく影響します。

ただ、依頼者(被疑者・被告人)の方も、そもそも一瞬のことで覚えていない、お酒に酔って覚えていない、弁護士が まだ信頼してもらえず話してもらえない等のことから、弁護士が正確に当時の状況が把握できないケースも多いです。

そこで、弁護士としては、捜査を行っている警察官、検察官と話をして、できる限り、 情報を集めるよう努めることになります。

正当防衛等を主張し無罪を争うケースですと、やはり目撃者の確保が重要となりますが、そもそも正確に見ていた人が いないケースが多く、見ていても協力いただけないことも多いのが実情です。

傷害罪自体を認めており、情状弁護つまり、情状を主張し、検察官の処分あるいは、公判請求の場合は執行猶予、刑の減軽 を主張し弁護する場合、もっとも、有力な手段は、やはり、示談を取得することです。

被害者と依頼人(被疑者・被告人)が一定の関係を持っていることも多く、被害者との接触自体は、痴漢よりしやすい ことも多いです。

しかし、その原因(女性関係、金銭関係等)や、経緯等から、感情、金銭関係などが関係して、示談が難しくなるケース が多い点が傷害罪における示談の特徴です。

初回相談は無料です。今すぐご相談ください

刑事事件では、1日の相談の遅れが大きな結果の違いを生じさせます。

初回相談は無料です。秘密は厳守いたします。
早期釈放等のために信頼できる当法律事務所に今すぐご相談ください。

03-3511-5801


傷害事件関連ページ
傷害に適用される法律
傷害の取調べ内容と傷害罪の弁護活動
傷害罪を不起訴にするためには

このページの先頭へ