傷害に適用される法律

傷害罪は、刑法204条により、「人の身体を傷害した者は、15年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。」と定められています。

なお、暴行を行った場合の暴行罪は、刑法208条に「暴行を加えた者が人を傷害するに至らなかったときは、2年以下の 懲役若しくは30万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に処する」と定められています。

ここでいう傷害には、暴行を加えてけがをさせた場合ばかりではなく、無言電話等により人を極度に恐怖させて精神 衰弱症にさせたり、赤痢菌やチフス菌を食品に添加して食べさせたり、治療と称して注射又は経口投与したりして、 赤痢やチフスに罹患させるなど、無形的方法等による場合も含まれるとされています。

また、人の生理的機能を害することで、めまいを生じさせたり、下痢をさせたり、 一定程度以上のPTSDや神経症に陥らせることも傷害です。

傷害事件の近時の傾向

傷害の認知件数(にんちけんすう)(犯罪について、被害の届出等により警察等が発生を認識した件数)は、平成12年 から急増し、平成15年には昭和50年以降最多の3万6568件を記録していましたが、平成16年からは毎年減少続け、21年は 2万9638件(同2003件(6.3%)減)とのことです。

検挙率(けんきょりつ)(検挙件数/認知件数×100)は、認知件数の増加に伴い大きく低下 していましたが、平成16年前後から上昇傾向に転じているとされています。

ただ、相談案件から見ると、最近むしろ酒に酔った上での傷害事件が増えていると感じています。

痴漢についても酒に酔った上での事件が増えているように感じられ、今の不況もあり、ストレスの影響とも考えられます。

参考 法務省総合研究所編「犯罪白書」等

東京弁護士会所属 川合晋太郎法律事務所までお電話ください

当法律事務所は、刑事事件の弁護を行う法律事務所です。

本ホームページを読んでいただいておわかりのとおり、刑事事件は、多くのケースで1日の受任の遅れが大きな結果の違いを生じさせます。
早期釈放等のために信頼できる当法律事務所にご相談下さい。

刑事事件のご相談は、電話番号 03-3511-5801 まで今すぐお電話ください。


傷害事件関連ページ
傷害に適用される法律
傷害の取調べ内容と傷害罪の弁護活動
傷害罪を不起訴にするためには

このページの先頭へ