窃盗・万引きの警察・検察の取調べ等の内容

警察は、被害者との間で、被害届を作成することになります。

被害届には、被害品の種類、価格あるいは時価を記載し、被害品の占有者、所有者を確定して記載します。

次に、被害品の管理状況・被害状況を具体的に記載します。

そして、被害日時についても可能な限り特定します。

また、犯人について心当たりがある場合、あるいは目撃している場合は、可能な限り、容姿、年齢、服装などで特定する ようにします。

誰かが特定されている場合は、住所・氏名も記入します。

警察は、被疑者に対し、犯行の状況、つまり、手口(侵入盗の場合は、侵入の方法)、金品物色の状況、窃取した財物 の種類、数量、価格、その管理状況、犯行の所要時間、既遂の時期、道具携帯使用の有無、凶器携帯の有無、道具や 凶器の入手経路、不法領得の意思の内容、その発生時期、被害者の承諾のないこと、これに関連して被害者との関係、 面識、交友関係、親族関係の有無、犯行の動機、共犯者の有無、人数などについて、取調べを行うことになります。

次に、盗んだ物の処分の内容、それによって得た利益の状況についても調べることになります。

第三者に処分しているときは、処分先を取調べ処分者が被疑者であることを確認します。

参考 立花書房 「捜査書類全集 第4巻 取調べ」等参照

初回相談は無料です。今すぐご相談ください

刑事事件では、1日の相談の遅れが大きな結果の違いを生じさせます。

初回相談は無料です。秘密は厳守いたします。
早期釈放等のために信頼できる当法律事務所に今すぐご相談ください。

03-3511-5801


窃盗・万引きに適用される法律
窃盗・万引きの警察・検察の取り調べ
窃盗罪における弁護士の活動
窃盗罪の近年の傾向

このページの先頭へ