公判の準備を行う

起訴前の決着が難しく公判請求がされることが見込まれる場合、あるいは、起訴前の決着がある程度見込まれるが不確か な場合は、起訴前から、公判の準備を行うことになります。

ただ、公判の準備といっても、犯罪を行っていることを認めている場合は、公判においても、情状の主張となりますので、 たとえば、示談を成立させるにしても、起訴前に行う場合にそれが起訴前の活動か、公判の準備かはあまり意味がある 区別ではありません。

ただ、無罪を主張する場合、あるいは、完全な無罪でないにせよ、事実の一部を争う場合は、 逮捕・勾留(こうりゅう)されている段階で弁護士として選任されていると、 これに続く刑事裁判に関して十分な準備活動ができるという利点があります。

特に、事実関係の調査や証拠の収集には膨大な時間がかかるケースもありますので、 なるべく早く弁護士を選任しておくことが重要です。

初回相談は無料です。今すぐご相談ください

刑事事件では、1日の相談の遅れが大きな結果の違いを生じさせます。

早期釈放・不起訴獲得のために信頼できる当法律事務所に今すぐお電話ください。
初回相談は無料です。秘密は厳守いたします。夜間・土日も対応いたします。

03-3511-5801


弁護士に依頼するメリット
弁護士に許される接見
勾留等の身体の拘束から解放する
検察官の処分に対し働きかける
公判の準備を行う
オレオレ詐欺と間違えられた

このページの先頭へ