覚せい剤・大麻の警察・検察の取調べ等の内容

薬物事犯に係わる被疑者が一般的に取調べられるのは、
 1 同種前科・前歴の有無、内容
 2 暴力団関係の有無、あれば組織内での地位
 3 職業・収入
 4 犯行の動機
 5 当該薬物の入手経路
 6 常習性の有無・程度
 7 営利目的の有無
 8 密売組織内・共犯者間における地位・役割
 9 否認が自供に転じた場合の理由
 10 捜査手続きについての経緯
などです。

犯罪類型ごとの取調べ事項としては、
1 使用事犯
 (1) 使用し始めた時期、きっかけ、その後の使用の頻度、使用期間
 (2) 入手先、1回当たりの仕入れの分量・価格
 (3) 1回当たりの使用量
 (4) 使用の態様
 (5) 使用による効き目
 (6) 常習性(精神的依存・親和性)
 (7) 常用による精神状態の依存性-幻覚・幻聴の有無
 (8) 使用による家庭破壊など周囲に与えている影響
2 所持犯
 (1) 入手先、時期、場所、分量、価格
 (2) 所持の目的、普段の保管状況
 (3) 営利目的の有無
 (4) 共犯者に関する事情
3 譲渡・譲受犯
 (1) 譲渡・譲受の相手方の特定
 (2) 取引の特定
 (3) 介在者の有無
 (4) 営利目的の有無
などです。

初回相談は無料です。今すぐご相談ください

初回相談は無料です。秘密は厳守いたします。
早期釈放等のために信頼できる当法律事務所に今すぐご相談ください。

03-3511-5801


覚せい剤・大麻の使用等の薬物犯罪に適用される法律
覚せい剤・大麻の弁護活動
覚せい剤・大麻の取調べ内容
覚せい剤・大麻の使用等の薬物犯罪の近年の傾向

このページの先頭へ